Vision

出向起業・スピンアウト起業を「当たり前」の選択肢に

  • 日本では、ヒト・モノ・カネのリソースは、大企業に集中する傾向にあります。しかし、大企業の社内では、「本業とのシナジー」「大規模かつ明確な売上高予測」「確実性」「失敗回避」等が求められるため、必ずしもすべての新規事業案を育みやすい環境ではありません。
  • これを踏まえ、当ファンドでは、社員が大企業等に在籍したまま自ら個人資産・外部資金により起業する「出向起業」や休職・辞職による起業を通じて組成するスタートアップへのシード投資・経営支援・起業準備支援等を行います。
  • 「出向状態でも構わず投資する」方針によるリターンを証明し、これまで着目されなかった「出向状態の起業家」にシード資金を流入させることを目指します。
  • ひいては、トップ層の大企業社員が、所属企業から出向・休職・辞職を通じて起業することが、「当たり前」の選択肢となり、日本発の起業家の数が指数関数的に増加することを目指します。

Investment Policy

  • 大企業等から「出向起業」「休職・辞職して起業」する起業家
  • 職務経験から、解決したい課題・実現したいビジョンに執着心のある起業家

 プレシード・シード期に1社3,000万円前後の投資を行います。
 起業前の構想段階から、幅広に事前相談に応じ、支援・投資検討を行います。
 所属企業社内の出向・休職等の意思決定に係る支援(出向起業に係る大企業側メリットの説明等)も行います。
 投資相談時点で大企業社員である場合に限りません。
 投資後は、追加資金調達交渉・資本政策検討・事業戦略ブラッシュアップ等の支援を行います。

Team

・代表パートナー 奥山 恵太(おくやま けいた)

okuyama_tate3_4

2010年経済産業省入省後、主に化学産業の規制緩和・国家衛星開発プロジェクトのマネジメント業務に従事。米国留学中に、米国投資ファンドでの投資銘柄財務モデリング・バリューアップ業務や、小型電池製造スタートアップでの経営支援業務を実行。2018年帰国の後、内閣府での宇宙スタートアップ支援業務を経て、経済産業省で「出向起業」補助制度を自ら企画し、大企業等社員による資本独立性のあるスタートアップの起業を後押し。大企業内での出向等の意思決定に係る調整も、幅広に支援。2022年7月に経済産業省退職。2022年9月、出向起業スピンアウトキャピタル設立・運用開始。1986年生まれ。
東京大学工学部、東京大学大学院工学系研究科卒。カリフォルニア大学サンディエゴ校MBA。

・パートナー 児山 欣典(こやま よしのり)

koyama-san_picture

大手自動車メーカーでの企画・開発、IT系コンサルティングファームでの技術戦略立案や開発の効率化支援を経て、2017年にデロイトトーマツベンチャーサポート㈱に入社。大企業向け新規事業開発支援を統括し、大企業社内ベンチャーやカーブアウトスタートアップ創出を多数支援。2022年8月に株式会社Seedworks創業。同年9月に出向起業スピンアウトキャピタル立上に伴い、パートナー就任。1981年生まれ。
【大企業内新規事業創出支援実績】
・3000件以上の事業アイデア審査・個別相談支援
・50件以上を事業化併走支援
・5件以上のスピンアウト/カーブアウトベンチャーを創出支援
・20社以上の社内ベンチャー制度・組織を設計・運営支援

出向起業とは

  • 「出向起業」とは、大企業等の人材が、所属企業を辞職せずに、外部資金調達や個人資産の投下等により自らスタートアップを起業し、出向等を通じて当該スタートアップでフルタイムで新規事業を開発することを指します。
  • 2020年4月から、経済産業省による「出向起業」に係る費用の一部を補助する事業が始まりました。
  • 新たに創設するスタートアップが、出向元大企業等の子会社等に該当しないこと(スタートアップの株式に係る出向元大企業等の保有率が20%未満であること)が、補助条件の一つです。
  • 100%子会社やジョイントベンチャーについて、経営者買収(MBO)を通じて所属大企業の持分を20%未満まで減少させ、スタートアップとして再スタートする「MBO型起業」についても、出向起業の一部として、補助対象となります。 

補助金に関しては、詳しくは、出向起業補助金事務局のWEBサイトをご参照ください。

News

Company Information

名称出向起業スピンアウトキャピタル1号投資事業有限責任組合
設立日2022年9月2日
無限責任組合員出向起業スピンアウトキャピタル1号有限責任事業組合
(構成員:奥山恵太、出向起業スピンアウトキャピタル合同会社)
出資約束金額総額5.1億円(2022年9月時点)
所在地〒107-6003 東京都港区赤坂一丁目12番32号

Q&A

  • アイデア・構想・壁打ち段階の相談でもよいか。まだ事業案が固まっていない。

→ 歓迎です。起業前段階から支援しています。出向起業の社内交渉には時間がかかるので、早めのご相談推奨です。(ピッチ資料が不完全でも、投資決定云々以前に、手戻りを無くす観点で、資料作成段階から貢献させていただいております。) 

  • 社内新規事業制度の相談でも良いか。社内で育てにくい事業案が出てきた。

→ 歓迎です。社内新規事業案の出口として出向起業を据える際の論点・前例を解説し、支援しています。(出口が、既存事業部吸収・100%子会社・関連会社新設、程度しか無いため、新規事業がスムーズに育たないと悩む大企業様方からのご相談が、非常に多いです。出向起業を通じて、大企業資本保有率20%未満のスタートアップの設立を、支援させていただいております。)

  • 案件がどのような状態になれば、投資を決めるのか。(投資基準は。)

→ 職務経験に基づく解決したい課題・実現したいビジョンの明確さや、その執着心・検証行動の実績を中心に確認させていただき、投資判断を行う流れとなります。とはいえ、特に軸が無くても、アイデア・構想段階から、投資決定前から、一緒に事業案を仕組んでいくケースが多いです。社内コンテストで早々に落選するような計画段階の案件も含め、早めのご相談を多々受けております。

Contact

出向起業スピンアウトキャピタル 代表パートナー 奥山 恵太

E:mail: info@spinout.vc